AGAクリニック メリット デメリット

読めば納得!AGAクリニックの料金は高くない!?

AGAのメリットやデメリットは?

初めてAGAクリニックの受診を検討されている方は、本当に髪が生えてくるかも!と大きな期待を抱く一方で、「料金はどのくらいかかる?」「一般病院と何が違うの?」「問題点はある?」などなど、疑問点や不安も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは気になるAGAクリニックのメリットやデメリットを解説。通院は納得の上で判断してください。

一般病院とAGA専門クリニックの違いは?

発毛専門クリニックでは、あなたのAGA症状の進行具合や薬の効果、副作用等を見ながら最適なオリジナル治療薬を処方してくれます。

一般病院の皮膚科などで行われるAGA治療は基本的に脱毛を予防するプロペシア(フィナステリド)の単剤処方なので、薄毛の進行を止め、現状を維持することはできますが、発毛までは望めないといわれています。

また、専門クリニックに比べると症例数も極端に少なく、AGA治療に関する医師の知識や経験が充分で無い場合が殆ど。丁寧な診察やカウンセリングも行わずに、プロペシアを出すだけという病院が多いのです。

一方、専門クリニックには、経験豊富なAGA専門医が在籍しており、

  • 患者それぞれの発症原因を探るための問診や触診
  • マイクロスコープを用いた頭皮チェックや写真撮影による丁寧な診察
  • 内服薬だけでなく外用薬の処方
  • 副作用を防ぐ血液検査や進行リスクを調べるAGA遺伝子検査(希望により)

等、抜け毛防止だけでなく、発毛に特化した専門的な治療が行われます。

一般的なAGA治療薬プロペシアに加え、患者の症状や原因に応じてミノキシジル(血管拡張作用により発毛を促す)の内服・外用タイプ、ビタミンなどを複合的に処方し、最適なオーダーメード治療を行うクリニックもあります。

更に、投薬治療だけでなく発毛を促す成長因子や有効成分を頭皮に直接注入する育毛セラピーやHARG療法のほか、自毛植毛まで行うクリニック等、治療法も様々です。

このように、在籍する医師の経験も治療メニューも豊富なAGA専門クリニックは、片手間に画一的な治療を行う一般病院に比べ、蓄積されたノウハウや技術が圧倒的に違うのです。

より高い発毛効果が期待できるのはどちらか?言うまでもありませんね。

AGAクリニックの料金は?

AGAクリニックの料金は?〜男性型脱毛症の症状が進む前の早い段階で治療を始められるほど、治療の費用も安くあがります。

豊富な治療実績と非常に高い発毛実感率を誇るAGA専門クリニックですが、治療費は一般病院より高くなります。

プロペシアの単剤処方の価格は6000円〜8000円程度で一般病院よりむしろ安い傾向がありますが(一般病院8000円〜10000円)、オリジナル処方の投薬治療の場合15000円〜35000円、頭皮に成長因子を注入するメソセラピーは1回の施術で2万円〜8万円、HARG療法になると1回8万円〜15万円とかなり高額です。

また、AGA治療は保険外診療のため、料金は治療法やクリニックの価格設定により、かなり異なりますので、受診を希望する場合は、各クリニックの治療内容と価格は要チェックです。しっかりと比較検討して下さい。

月々の支払いがきついという方は、医療ローンを利用できるクリニックもありますので、検討してみてください。

ただし、分割払いによって月々の支払いを安く抑えることもできるメリットもありますが、治療効果の定かでない数回の施術分をまとめて一括先払いすることに疑問やリスクも感じますので、デメリットになる可能性もあります。

強引に先々のコース治療や医療ローンを薦めてくるクリニックは要注意です。

やはり毎月、医師とともに髪の状態や発毛効果を確認し、状況に応じて薬を処方してもらい、納得の上で治療を継続するという方法が望ましいのではないかと思います。

まずは比較的低コストな内服薬や外用薬等の投薬治療からスタートして、それで髪の毛が生えてくれば言うことなし、数回の治療で効果があまり感じられなければ、そこで初めて育毛メソセラピー等、より発毛効果が期待できる方法を検討する、というスタンスで受診すれば、後悔することも少なくなるのではないでしょうか。

AGAは発症からの期間が短いほど、治療効果が高いといわれていますので、早期に通院すれば、投薬だけで、薄毛を克服できる可能性も高まります。

薄毛が気になりだしたら、なるべく早い段階で専門医を訪ね、早期治療することも治療費を安く上げるコツといえるでしょう。

AGA治療のデメリットは?

AGA治療のデメリットってなに?

【デメリット1 治療費が高い!】

AGA治療のデメリットとして挙げらるのは、やはり治療費が高いこと。

プロペシアの単剤処方ではなく、オリジナル処方の投薬治療や育毛メソセラピー、HARG療法を選択した場合はかなり高額な料金になります。しかも、AGA治療は保険適用外の自由診療なため、治療費は全て実費で支払わなければなりません。

【デメリット2 時間がかかる!】

そして、AGA治療には時間もかかります。効果を実感するまで最低6か月〜1年以上の治療が必要です。「来月の結婚式に間に合わせるため、お医者さんに相談しよう」と思い立っても、それは無理な相談なのです。

【デメリット3 クリニックは都市部に集中!】

さらに、AGA専門クリニックは全国の各県にあるわけでなく、都市部に集中しているため、近所に無いケースも多いのです。この場合、遠方まで通院する手間や時間がかかり、交通費もばかになりません。(専門クリニックでは発毛の経過を見ながら治療を進めていくため、基本的に毎月一回は通院する必要があります。)

こういった不便さも遠方まで通院される方にとってはデメリットといえるでしょう。

このようにお金も時間も手間もかかるAGA治療ですが、長年、数多くの育毛剤を試してきた管理人としては、「費用に関しては一概にデメリットといえないのでは?」と髪が生えてきた現在は考えるようになりました。

例えば、薄毛改善のため育毛剤やシャンプー、サプリなどに合計で月7000円かけていたとすると、年間84000円、5年で42万、10年で84万かかる計算になります。そしてその結果、殆どの人が現状を回復できずにこれからも新たな発毛・育毛関連商品を買い続ける・・・というのが現状ではないでしょうか。

一方、AGA治療では、あなたの症状や原因に合った、最適な内服+外用のオリジナル処方薬30000円を半年継続して18万円、1年継続しても36万円。この金額でかなりの高確率の発毛効果があるのです。

症状が進行し、毛母細胞が死滅している等の理由で治療の効果が期待できない場合は、当サイトでおすすめしている良心的な病院の医師なら、現状を患者に説明し、最初から治療を始めません。(毛根再生は出来ない事もデメリットといえるかも?)

さらに、万が一、治療後に満足な結果が得られなかったとしたら、残念ではありますが、頭を切り替えて、自毛植毛やカツラという次のステップに進めばいいわけです。

治療薬で効果がなければ、育毛剤で発毛することは、まずありませんので。

考え方によっては、一定期間の通院により、薄毛改善の可能性が明確になることで、今後の指針が示され、これ以上無駄なお金や時間を浪費しなくてよくなるのです。

この様に考えると、手間や時間はかかりますが高額といわれる費用は、一概に高いとはいえないどころか、髪が生えてくるのなら安いともいえるのではないでしょうか。

追伸

メリットやデメリットの判断は考え方によって大きく変わります。

AGA治療を受けても、髪が生えてこなかったら、それは大きなデメリットでは?と考える人もいるでしょう。

確かに、それはその通りだと思いますが、では長年、時間と費用をかけても薄毛が改善しない育毛剤やシャンプーのデメリットは?と考えると・・・AGA治療は育毛剤の100倍メリットがあるといえます。

また、殆どの方に問題がないといわれるとはいえ、薬の副作用もやはりAGA治療のデメリットのひとつでしょう。しかし、この点も医師の管理、指導のもとで服用すれば、さらにリスクは無くなり、安心感は増します。

この安心感も、健康状態のチェックもできず、薬の効果的な服用方法や危険性が判断できない素人が個人輸入で薬を手に入れるリスクと比較すれば、大きなメリットになるわけです。

つまり、比較する対象によってもメリット・デメリットの判断は変わってくるのです。

このように考え、育毛剤や育毛サロン、増毛法等、従来の薄毛治療とAGA治療を比較すれば、医学的根拠に基づき、多くの発毛実績が確認されたAGA治療の方が格段に大きなメリットがあるといえるでしょう。

いずれにしても、自分の薄毛の状態や予算も合わせて、じっくりと検討することが大切です。後悔が無いよう納得の上で判断してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加    

AGAクリニック選びで失敗しないための3か条

AGAクリニック選びで失敗しないための3か条

人気のAGAクリニックランキング

厳選!優良クリニック特集ページへ